>  > 自宅でできる!フレンチブルドッグのお手入れ方法

自宅でできる!フレンチブルドッグのお手入れ方法

短毛種のフレンチブルドッグはトリミングの必要がないため、ペットサロンに連れて行く機会はあまりないかもしれません。しかし、その分自宅でのお手入れは必須です。今回はフレンチブルドッグの基本のお手入れ方法をご紹介します。

毎日のお手入れ・ ブラッシングとシワの掃除を忘れずに

毛が絡まったり毛玉ができたりすることはありませんが、スムースコートのフレンチブルドッグもブラッシングが必要です。ブラッシングは毛並みを整える以外にも、血行を促進したり抜け毛を取り除いたりする効果があります。

短毛種だと抜け毛が抜けないイメージがあるかもしれませんが、フレンチブルドッグは抜け毛の多い犬。短い抜け毛は布製品に刺さって抜けにくいです。ラバーブラシや獣毛ブラシを使い、定期的にブラッシングしてください。

フレンチブルドッグといえば特徴的なのが顔のしわ。しわの間は汚れやゴミがたまりやすく、放置すると悪臭や皮膚炎の原因となります。食事や散歩のあとはしわの間を拭きましょう。

シャンプーで皮膚を清潔に

フレンチブルドッグは皮膚がデリケートな犬種で、常に清潔を保つことが必要です。とはいえ、あまり頻繁にシャンプーすると必要な皮脂まで奪ってしまうので、シャンプーは月1、2回が目安です。
シャンプーできないときは、蒸しタオルで全身を拭いてあげるとかなりきれいになりますよ。

シャンプーするときは、肛門腺絞りも行うのが一般的ですが、フレンチブルドッグは尻尾が短く肛門腺を絞るのが難しいと言われています。肛門腺のあたりが腫れたり赤くなったりしていなければ、無理に絞らなくても大丈夫です。
気になるときは動物病院やペットサロンでフレンチブルドッグの肛門腺の状態を確認してもらいましょう。

フレンチブルドッグをシャンプーするときは、35~38℃のぬるめのお湯で洗ってください。体温調節が苦手なので、熱いお湯を使うと熱中症を起こすことがあります。
目や鼻にお湯が入らないように気をつけ、しわの間もきちんと洗いましょう。

耳掃除で外耳炎を予防しよう

フレンチブルドッグは立ち耳で通気性が良いため、垂れ耳の犬よりは外耳炎などの耳の病気にかかりにくいです。しかし、外耳炎は一度発症すると再発しやすいので、普段から耳を清潔に保ち、病気の予防に努めましょう。

フレンチブルドッグの耳掃除は週に1、2回ほど行います。綿棒は力加減が難しく、素人が行うとフレンチブルドッグの耳に傷をつけてしまう可能性があります。
外耳は濡らしたガーゼやウェットティッシュなどで拭き、内耳は専用のイヤークリーナーを使って掃除しましょう。

最初はおとなしく耳を触らせてくれないかもしれません。少し耳を触ったら褒めたりおやつをあげたりを繰り返し、フレンチブルドッグが耳を触られることに慣れるのを根気強く待ちましょう。

爪と足裏の毛の伸びすぎ・切りすぎに注意

爪切りが得意な犬は少ないようですが、嫌がるからと切らずに放置していると、爪が引っかかったり肉球に食い込んだりしてケガをするかもしれません。

犬用の爪切りを使って、月に1回を目安に切ってください。
人間の場合は深爪ギリギリくらいまで切ってしまいますが、フレンチブルドッグの爪は地面に爪がつくかつかないかくらいの長さがベストです。

犬の爪には血管と神経が通っているので、切るときは必ず少しずつが基本です。爪が白い場合は血管と神経が通っているピンクの部分が見えるので、その手前まで切ってください。黒い爪の犬は断面を観察しながら少しずつ切って、真ん中に点のようなものが見えたり断面が湿っている感じがしたリしたところで終わりにします。
自信がないときは、ペットサロンや動物病院で切ってもらいましょう。

肉球の間の毛が伸びていると、滑って転倒したり関節に負担をかける原因になります。ハサミやバリカンで短くカットしてください。

歯磨きも忘れずに

犬は虫歯になりにくいといわれていますが、歯磨きをしなければ歯石ができ、歯周病にはなってしまいます。
できれば毎日、最低でも3日に1回はフレンチブルドッグの歯を磨きましょう。

ほとんどの犬が口の周りを触られることを非常に嫌がります。慣れさせるため、普段のスキンシップ中から口元に触ってください。
初めは「口先を軽く触ったら褒める」を繰り返し、少しずつ触る時間を延ばしていきます。徐々に前歯、犬歯、歯肉や奥歯を触られることにも慣らしていきましょう。

無理矢理しつこく触ると余計嫌がるので、初めのうちは短時間で切り上げてください。終わったら散歩に行ったりおやつをあげたりするなどして、フレンチブルドッグが歯磨きをポジティブに考えられるよう工夫するといいですね。

ガーゼや市販の歯磨きシートなどで歯を擦るところから始め、少しずつ歯ブラシで磨けるようにします。どうしても嫌がるときはデンタルケア用のおもちゃやガムなども使ってみてください。

まとめ

スムースコートのフレンチブルドッグは、サロンに行く必要はなくてもお手入れをしなくていいわけではありません。
自宅でケアするときは、チャームポイントのしわの間を清潔に保つことを忘れないでくださいね。爪切りはケガをさせてしまいやすいので、難しいと感じたら無理はせず、プロにお願いしましょう。

その他の記事

< フレンチブルドッグのお役立ち情報一覧へ戻る

ご利用案内

口コミ・評価

サイトの便利な使い方

LINE ID連携で理想の子犬を迎えよう♪ ID連携してご成約いただくと1,000ポイントプレゼント 健康保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
1,295人が「いいね!」と言っています。
藤田聡
今井 大介
寺平 貴
Madanu BeautyBell
菊池 昌克
Rachel Chen
蔵原良助
長沢 兼続
フレンチブルドッグの子犬お探しコーナー ドッグショー特集 チャンピオン犬 輩出・在籍のフレンチブルドッグのおすすめブリーダー特集 ブリーダーアワード 2017年 上半期

ブリーダーからお迎えした子犬投稿

毛色からフレブルの子犬を探す

性別からフレブルの子犬を探す

フレブルの犬図鑑

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペットコミュニティ ミテミテ
みんなのペットライフ
みんなのペット保険
みんなの犬図鑑

フレブルの名前ランキング

  • 男の子
    1位大福
    2位小鉄
    3位Boo
  • 女の子
    1位すもも
    2位ふく
    3位あんこ
>> 名前ランキングをもっと見る
 >  > 自宅でできる!フレンチブルドッグのお手入れ方法